ホームPDJについて>PDとは?

PDとは?

PD(パーパス・ドリブン)とは

パーパス・ドリブン(Purpose Driven)とは、「神の目的に導かれる」という意味です。それは、"教会のあるべき健康な姿"であり、そこに属する教会員は、「礼拝、交わり、霊的成長、ミニストリー、伝道」という神の5つの目的を実現していくことを目指します。 パーパス・ドリブンの概念は、人々が救われ、教会に加わり、霊的に成長し、適性に基づく働きを見出し、宣教のために遣わされ、神の栄光を表す人生を生きるための、聖書的な原則を示しています。


パーパス・ドリブンが提唱する原則と方法は複雑なものではありません。この原則を取り入れることによって、牧師は教会のメンバーに聖書の基本的な理解の枠組みを示すことができ、また自分自身と教会全体の成長を評価する方法を持つことができます。規模の大小、教団の違い、カリスマ性の有無、開拓か既存か、都市部か地方かなどの違いを超えて、パーパス・ドリブンの教会成長モデルは世界各地の教会で用いられています。これまで22の言語地域から40万人を超える指導者たちがPDのトレーニングに参加してきました。現在では、全世界の国々にパーパス・ドリブンの原則を用いるクリスチャンの群れが存在しています。

 

聖書的根拠

パーパス・ドリブンは、聖書に基づく健康な教会のモデルです。パーパス・ドリブンの教会モデルの根拠は、「最も大切な戒め」(マタイ22:37-40)と「大宣教命令」(マタイ28:19- 20)という2つの聖句に見出されます。「最も大切な戒め」において語られた主イエスのことばを要約すると、次のようになるでしょう。「旧約聖書はすべて、『心から神を愛すること、そして、自分を愛するようにあなたの隣人を愛すること』という2つの命令に集約されるのです」。また、天に昇られる直前、主イエスは次のような使命を弟子たちに委ねられました。それは、「行って弟子をつくること」「バプテスマを授けること」「キリストの教えをすべて守るように教えること」の3つです。これが「大宣教命令」です。 これら2つのみことばから、教会が健全に成長していくための「5つの目的」が導き出されます。

 

  第1の目的 礼拝: あなたは神の喜びのために造られた

  第2の目的 交わり: あなたは神の家族となるために造られた

  第3の目的 霊的成長: あなたはキリストのようになるために造られた

  第4の目的 ミニストリー(奉仕): あなたは神に仕えるために造られた

  第5の目的 伝道: あなたは使命のために造られた

 

それでは、これらの目的に生きるクリスチャンを育てるにはどうしたらよいのでしょうか。パーパス・ドリブンは、5つの目的のバランスを保つためのシンプルで効果的な戦略と、そのために必要なツール(道具)を提供しています。

 

バランスのとれた健康な教会を建て上げる

教会員となった信者が、神の目的に導かれて生きるようになるためには、効果的な手法を用いなければなりません。健康でバランスのとれた教会員を育てるには、教会員が「5つの目的」(礼拝、交わり、霊的成長、ミニストリー、伝道)をバランスよく人生に組み込めるような戦略と計画が必要です。「目的主導の教会」(Purpose Driven Church)の土台を築くのは、「目的に導かれた人生」(Purpose Driven Life)を生きる教会員たちなのです。

 


 

「5重の同心円」(左の図)は、パーパス・ドリブンの教会成長の基本概念を説明したものです。各円は、献身度の異なるグループの人々を示しています。出発点は、一番外側の「住民」(Community)を教会に導くことです。それから段階的に人々の成長を後押しし(群衆 [Crowd]-会衆 [Congregation]-弟子 [Commited]) 、ミニストリーと伝道に献身する「奉仕者」(Core)へと育てていきます。それぞれのグループが特有のニーズ、関心、問題、潜在的な可能性を持っています。教会の目標は、神の導きに従って、人々を神の働き人へと育てていくことにあるのです。

 

「野球のダイヤモンド」(右の図)は、キリストにある成長のプロセスを示したものです。パーパス・ドリブンの手法を用いることによって、人々をより献身度の高いレベルへと導くことができます。どの教会にも属していなかった人々が教会に加わり、霊的に成長し、自分の使命を自覚し、情熱を持って献身するようになるのです。ダイヤモンドの各塁は、霊的成長と献身度のレベルを示しています。 教会の目標は、より多くの人々が1塁から本塁に帰れるように励まし、具体的に支援していくことにあるのです。

 

  1塁:Fellowship 交わり(教会の交わりに加わること)

  2塁:Discipleship 成長(霊的に成長すること)

  3塁:Ministry ミニストリー(賜物を用いて人々に仕えること)

  本塁:Evangelism 伝道(キリストの福音を伝えること) 

 

パーパス・ドリブン・ジャパン(PDJ)は、すべてのクリスチャンが「5つの目的」に根差した健康な人生を建て上げることができるように、書籍・教材・テキスト等の提供を通して貢献していきたいと願っています。 詳しくは、PDの教材をどう使うか?および目的主導の旅をお読みください。 

 

PDJ/ロゴス出版社

パーパス・ドリブン・ジャパン/ロゴス出版社は、キリスト教関連書籍の発行をおこなっている出版社です。世界的ベストセラー『人生を導く5つの目的』や『創造主訳聖書』などを発行しています。

■ お問い合わせはこちら

■ 商品カタログはこちら

■ 代表ブログはこちら

メルマガにて新刊情報等をいちはやくお届けしています。下記フォームにメールアドレスをご入力ください。

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer

書店のお客様は下記まで

お問い合わせください。

■日本キリスト教書販売㈱

TEL 03-3260-5670

■㈲伝道文書販売センター

TEL 049-296-3143