ホームPDJについて>PDの教材をどう使うか?

PDの教材をどう使うか?

「目的主導の旅」は、「5つの目的」に基づく教会形成から「ピースプラン」(世界宣教)に向かう「目的主導の教会パラダイム」を理解するためのロードマップです。このプロセスを理解することによって、目的主導による教会形成に取り組むリーダーがどのような行程をたどり、またどのようなチャレンジに直面することになるのかを事前に把握しておくことができます。旅の途上にはさまざまな起伏や紆余曲折があり、ときには予測のつかない出来事や想像をこえた事態に直面することもあるからです。

 

旅に出るときは、いくつかの必需品を揃えておきたいと思うものです。以下のリストは、「目的主導の旅」に出かけるときに役立つツール(書籍・教材)の一覧です。それぞれのツールが、ユニークな役割と目的を持っています。効果的に活用すれば、実り多い旅となるでしょう。(ご質問等がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください)

 

1.『目的主導の旅』(小冊子)

1時間半ほどで読めるこの小冊子は、「目的主導による教会形成」の全体像を把握するためのツールで、「目的主導」のエッセンスをコンパクトにまとめた資料です。あなたのビジョンを教会のメンバーやリーダーたちに説明するときに、とても役に立ちます。目的主導の概念が記憶しやすいように構成されているので、これを読めば、だれでも簡単に他の人に説明できるようになります。

 

2.『5つの目的が教会を動かす』(いのちのことば社)

小冊子の内容が十分に理解できたら、次に進みましょう。「教会の健康」に焦点を合わせたベストセラーの本書は、「目的主導による教会形成」の入門書です。数時間で読めるこの本は、あなたの教会の今後の方向性に大きな影響を与えることになるでしょう。本書を通して、「目的主導」のパラダイムを一歩ずつ理解していきましょう。また、1冊の本になっているので、教会のメンバーやリーダーに配ることもできます。

 

3.リック・ウォレン説教シリーズ(『人生を変える力』『人生の難題はこうして乗り越えよう!』『回復への道』など)

次のステップは、「目的主導型説教」というスタイルを確立したリック・ウォレン師による説教の活用です。サドルバック教会のホームページに行くと、リック師の過去の説教を購入することができます(英語のみ)。使われている例話や引用などを、自分の教会に合ったものに置き換えることによって、オリジナルの説教を作ることができます。説教は、牧師の第一の務めです。これらの説教を学ぶことで、あなた自身が励ましを受け、神の望まれる説教者に近づくことができるでしょう。

 

4.『目的主導型説教セミナー』(DVD

「目的主導型説教」の神学的基盤については、このDVDを通して学ぶとよいでしょう。効果的な説教の作り方やコミュニケーション法の背後にある原則や考え方を学ぶことができます。説教とは何か、どのように準備すればよいのか、説教の年間スケジュールをどう組み立てたらよいかなど、具体的なヒントが満載です。

 

5.『健康な教会セミナー』(DVD

PD運動の最先端で活躍している牧師たちに共通して言えることは、「健康な教会セミナー(PDCカンファレンス)」の模様を収録したDVDCD)を繰り返し見て学んでいるということです。これまでに、世界中の何万人もの牧師たちがこのセミナーから祝福を受けてきました。PDパラダイムの重要な側面とその詳細をDVDの映像を通して学ぶことで、PDの本質をさらに深く理解することができるでしょう。

 

6.『神の家族へようこそ!~クラス101

ここから、いよいよ4つのクラスからなるクリスチャンライフシリーズ(クラス101401)に入っていきます。一度に4つのクラスをすべてカバーするわけではないので、ご安心ください。クラス101は、クリスチャンの健全な成長を導くための最初の教材です。キリストにつながること、そして教会につながることの意味について学びます。

 

7.『リーダー養成コース』(未刊)

この教材は、リック牧師がサドルバック教会のスタッフ育成のために語った内容をまとめたものです。リーダー育成のさまざまな場面でこの資料を活用することができます。「スタッフの結束を強めるには」「スタッフが失敗したときはどうしたらよいか」「教会のミニストリーにおいて成功するための10カ条」など、教会のリーダーを育てるのに必要なテーマが取り上げられています。

 

8.『霊的成長をもたらす4つの習慣~クラス201

人々がキリストと教会につながるようになったら(クラス101)、次のステップは、みことばの学びです。この段階では、一人一人が自分の霊的成長に責任を持つように教えていくことが大切です。具体的には、神との交わりの時間(ディボーション、静思の時)、聖句暗唱、聖書の学び方などを教え、弟子訓練の多様な側面を取り込みながら、一人一人を霊的成長の新しい次元に導いていきます。

 

9.『ローマ書の学び』(未刊)

霊的に成長し始めた人々は、より深い聖書の学びを求めるようになります。私たちは、献身的なキリストの弟子を育てるには、日曜礼拝での「主題説教」と、週半ばの礼拝や日曜学校での「講解説教」の両方が必要であると考えています。『ローマ書の学び』は、人々の霊的成長を促すとともに、あなた自身の講解説教者としての成長をも後押ししてくれる、26週間の学びです。

 

10『キリスト教信仰の土台(上・下)』

ゴールドメダリオン受賞の本書は、キリスト教神学の健全かつ実践的な理解を目的とした教材です。スモールグループでの活用を念頭に置き、神学の多様な側面に関する解説に加えて、分かち合いのための質問が掲載されています。聖書、神、キリスト、聖霊、創造、救い、聖化、善と悪、教会、天国と地獄、再臨という11のテーマを、具体的な例話を用いてわかりやすく解説しています。あらゆる教団・教派の教会で活用することができます。

 

11『あなたの賜物が輝く5つのステップ~クラス301

教会の成長がこの段階に達すると、より多くの働き人(奉仕者)と多様なミニストリーが必要になってきます。クラス301は、一人一人が自分のSHAPE(特質、適性)を見出し、教会のさまざまな奉仕に送りだすためのクラスです。このクラスを通して人々を整え、各自の賜物と能力に合ったミニストリーへと送り出していきます。また、新しいミニストリーのスタートを後押しするための具体的なステップについても学びます。この教材を活用すれば、忠実な働き人を生み出す好循環をつくることが可能になるでしょう。

 

12「目的の40日」シリーズ

神の目的に導かれる生き方を、人々の人生に深く根付かせるにはどうしたらよいでしょうか。「目的の40日(40 Days of Purpose)」キャンペーンは、教会を挙げて「神の目的に導かれる人生」について考え、また実践していくための40日間の取り組みです。①日曜日の礼拝説教、②『人生を導く5つの目的』の通読、そして③スモールグループでの学びと分かち合い、という3つの取り組みを通して集中的に学びます。教会を挙げてこのキャンペーンに取り組むことで、「神の目的に導かれる人生」を再発見し、新たなステージに向かうことができるでしょう。

 

13「コミュニティの40日」シリーズ

「目的の40日」を終えて1年ほどたったら、「コミュニティの40日(40 Days of Community)」と呼ばれる次のキャンペーンに取り組むとよいでしょう。「目的の40日」では、「5つの目的」を個々人の人生の土台にすることに焦点を合わせましたが、「コミュニティの40日」では、スモールグループ単位で「5つの目的」に取り組むことに焦点を合わせています。PD(目的主導)を取り入れている多くの牧師たちが、教会が健康になり、また教会として使命を果たしていくために、このキャンペーンが極めて重要な役割を果たすと考えています。

 

14.『健康なスモールグループが教会を育てる』(※)

スモールグループの健康と自発的な成長のために、さらなる学びが必要だと感じておられる方も多いことでしょう。「健康なスモールグループ」に焦点を合わせた本書は、神の目的に生きるスモールグループリーダーをどのように募り、整え、建て上げていけばよいかを具体例を交えて解説したものです。健康なスモールグループを建て上げる働きは、いわば芸術的な営みであり、PD教会が学び、また実践していかなくてはならない中心的な働きです。本書を通して、その具体策を学びます。

 

15.『人生の使命を発見する~クラス401

 人々が救われ、キリストの弟子として成長し、教会の奉仕に関わるようになったら、彼らを周囲の世界に送り出していく段階に入ります。クラス401は、「宣教」のクラスであり、人々を動員し、動機づけ、福音のメッセージを携えて出て行くように励ますクラスです。PEACEという世界宣教プロジェクトを紹介し、それぞれの関わり方で具体的に参加するようにチャレンジしていきます。101で人々を教会につなげ、201で霊的成長を促し、301でミニストリーのために整え、この401で彼らを全世界に派遣していきます。

 

16.『勇気ある無条件降伏』 (※)

 世界宣教の最先端の取り組みの一つとして、HIV/AIDSミニストリーを挙げることができます。ケイ・ウォレン師(リック・ウォレン牧師夫人)による書き下ろしの本書は、彼女とサドルバック教会が、どのようにしてこの世界規模の問題に向き合い、具体的な行動を起こすようになったかを描いたものです。本書を通して、悲劇的な病を患う人々への思いやりを育み、弱く傷づいた人々の間に住まわれたキリストの召しに従う生き方を学びます。

 

17.セレブレイト・リカバリーシリーズ

 目的主導の旅を続けていると、だれもが心の傷、悪習慣、とらわれなどの問題を抱えていることに気づくようになるでしょう。セレブレイト・リカバリーは、キリストの「8つの幸いの教え」(山上の説教)に基づいて開発された、スモールグループで取り組む回復プログラムです。健康な人生を取り戻す12のステップを通して、他者だけでなく自分自身をも傷つけてきたさまざまな依存症、行動パターン、ゆがんだ態度に気づき、その古い生き方から解放され、神の意図された新しい自分自身を見出していきます。CRの詳しい情報はこちら

 

 

(※)1416.はそれぞれ、オリジナル資料では「スモールグループセミナー」「HIV/AIDSセミナー」を紹介していますが、この日本語版では日本語に訳されている書籍・教材に置き換えて紹介しています。

PDJ/ロゴス出版社

パーパス・ドリブン・ジャパン/ロゴス出版社は、キリスト教関連書籍の発行をおこなっている出版社です。世界的ベストセラー『人生を導く5つの目的』や『創造主訳聖書』などを発行しています。

■ お問い合わせはこちら

■ 商品カタログはこちら

■ 代表ブログはこちら

メルマガにて新刊情報等をいちはやくお届けしています。下記フォームにメールアドレスをご入力ください。

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer

書店のお客様は下記まで

お問い合わせください。

■日本キリスト教書販売㈱

TEL 03-3260-5670

■㈲伝道文書販売センター

TEL 049-296-3143